後藤内象谷塗茶托(五客組)ならうるわしうるし【漆器の島安】

漆器の島安は、日本四大漆器の産地「和歌山県」で大正5年(1916年)に創業した日本最大級の漆器専門店です。

サロンうるわしうるし

島安運営の有料会員制オンラインサロン「サロンうるわしうるし」が2020年9月27日オープン!

検索
オンラインショップ限定のアウトレットセール実施中!

オンラインショップ限定!アウトレット販売中!漆器からインテリア用品まで人気のグッズが勢揃い!

ミニ書斎

漆器のミニ書斎でリモートワーク

 新商品

うるわしうるし、新登場の商品を一挙ご紹介!

後藤内象谷塗茶托(五客組)

後藤内象谷塗茶托(五客組) 後藤内象谷塗茶托(五客組) 後藤内象谷塗茶托(五客組) 後藤内象谷塗茶托(五客組)
後藤内象谷塗茶托(五客組) 後藤内象谷塗茶托(五客組) 後藤内象谷塗茶托(五客組) 後藤内象谷塗茶托(五客組)

商品名 : 後藤内象谷塗茶托(五客組)

製造元 : 日本

原産地 : 日本

価格: 21,000 円 (税込23,100 円)

ラッピングサイズ:中

数量 :

注文金額が10,000円以上で送料無料!

四国は香川県高松市も「香川漆器」と言って大きな漆器の産地です。現在は、彫漆(ちょうしつ)、蒟醤(キンマ)、存清(ぞんせい)、後藤塗、象谷塗の5つの技法が国の伝統的工芸品に指定されています。今回ご紹介する商品は、「後藤塗」と「象谷塗」を融合させた茶托です。梅型のかわいい形に赤と黒のコントラストが綺麗で、湯呑を持った時に「象谷塗」が現れる楽しいデザインに仕上げました。茶碗蒸しのトレー、アクセサリー入れ、ミニ花台など、「茶托」というカテゴリーを越え、ダイニングからインテリアまで幅広く活躍できる商品となっております。五客揃いでのご提供です。


※象谷塗(ぞうこくぬり)・・・漆を数回重ね塗りして、その上に川や池に群生している眞菰(まこも)の粉末を漆の上に撒く塗り手法で、使っていると歳月とともに渋味を増し、象谷塗独自の陰影が色調にでてくるという技法です。古くから香川に伝わる漆塗技法で創案者の名をとり「象谷塗」と呼ばれています。

※後藤塗(ごとうぬり)・・・朱の漆に少量の蝋色漆を加えて渋味を付けたものを薄く塗り、直に指先で縦横に叩き特殊な斑紋を作り、さらにそのうえに良質の透明漆を薄く塗り込み仕上げたものです。月日が経つほど色鮮やかに変化します。古くから香川に伝わる漆塗技法で創案者の名をとり「後藤塗」と呼ばれています。


セット内容:茶托×5

<茶托>
サイズ:直径120mm×高さ28mm
材質:天然木、漆塗り



・電子レンジ、食器洗い機、オーブン使用不可。
・箱、取扱説明書入り



◇注文販売商品です。在庫・納期に関しましては、別途ご連絡いたします。



※製品は、一つ一つ手づくりのため、色・模様等に多少違いが生じることがございますが、これは、このような漆器の持味としてお楽しみください。
※画面上の色はブラウザや設定により、実物とは異なる場合があります。ご了承の上ご注文ください。





最近チェックした商品